キレイを磨くエトセトラ

キレイを磨くエトセトラ

MENU

キレイにムダ毛処理ができる方法があったら知りたい

私は顔も含め、全身の除毛をボディーソープをつけ、T字カミソリでやっています。
この時のボディーソープの状態は、液そのままでもしっかり泡立てるのでもなく、ちょっと水を加えて「ヌルヌル」するくらいの状態で使用すると
刃がよく滑ります。

 

しかし、くるぶしの周りや手首など、かさつきやすいところや形状が難しいところでは必ず出血してしまうのが悩みです。
お風呂に入っているときに処理するので、血流がよくなり、出血がなかなか止まらないので大変です。

 

また、わきの下もしっかりスベスベには処理できません。しっかり剃ろうとしてゴシゴシしてしまうと、
これもまた、出血してしまいます。さらには私の場合、両脇の形が微妙に違うのか、処理した後の毛の残り具合?も
左右で違いが出ます。

 

もっとよいカミソリや、ほかの方法、除毛製品を使うといいのかもしれないですが、つい、手軽な方法を選んでしまいます。

 

お金をかけたいのは山々なのですが、女性は常に行うことですので、手軽にできる方法でも、もっときれいに
安全にできる方法はないかな、といつも思っています。

 

除毛の回数を重ねるごとに、黒いポツポツがひどくなっているような感じもしているので、これから暖かくなる季節、
きれいにムダ毛処理ができる方法があったら、ぜひ知りたいです。

お肌がキラキラしていると、それだけで女性らしいと感じることが出来るそうです。
特にデコルテラインというのは、他人の目にも触れやすいということがあるので、しっかりとしたケアをしたほうがよい、ということです。

 

キレイに見えるためにラメが入っているパウダーやクリームを使うようにしています。
あまり派手にならないように少量で対応をしているので、さりげなくという感じです。

 

女子力アップのためには、なんでもさりげなく行うということが大事なのだそうです。
いかにも、という感じになってしまうと、あからさまなので、さりげなくラメを入れてみるとよいそうです。

 

ラメが入るとそれだけでキレイに感じることが出来ますし、アクセサリーも際立つようになるのだそうです。
お肌にラメを乗せるというのは、女性ならではのことですし、行っておくとそれだけで女性らしさを意識することが出来るようになります。

 

また香水もさりげなく使うと女性らしさを演出することができるのでオススメです。

女性ならば、女子力を上げたいと思ったことがある女性は少なくないと思います。
しかし、いざ女子力を上げるといっても、何をすればよいのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは、以外に身近な女子力の上げ方をご紹介します。

 

それは、周りに気配りをおこなうことです。
相手がなにを求めているのか、今自分が何をするのがベストなのか、周囲の雰囲気や行動をみて、一歩先で動ける気配りを持つことです。

 

例えば、手を汚してしまった方に、さりげなくハンカチを渡したり、仕事で失敗して落ち込んでいる方にお菓子を分けてあげたり、些細なことで構わないのです。
そして、それらを自然に行うことが大切です。見返りを求めることはご法度です。相手が笑顔になってもらうために、「ありがとう」といってもらえるためには自分はどう行動するのがベストかを考えるのです。

 

女性として、些細なことにも気づけることは日常に多々あります。これを活用して、女子力アップにつなげましょう。

女子力が低下をしてしまうと、女性としての魅力が失われてしまいます。
年齢に関係なく、いつまでも女性らしさを保つということはとても大事なことです。

 

女子力をアップさせる方法はいくつかあると思いますが、スキンケアをすることによって女子力アップをするものです。
ちゃんと気を遣っている、というだけでも気持ちが変わってくるものです。
またお肌は磨くとキチンと効果を発揮してくれるもの。
やればやるほどキレイになれるというメリットもあると思います。

 

1週間に1度、スペシャルケアとしてパックを行ったり、エステサロンに通うのもよいと思います。
パックであれば、お風呂でもできますし、気軽に行うことができます。
お手入れをキチンとしていないお肌はすぐに分かってしまうものです。
女子力をアップさせるためにも、いつまでもキレイなお肌をキープすることが出来るように、しっかりとしたケアを行うとよいです。

 

お肌の状態がよくなれば、それだけで気分転換にもなります。

子供が生まれてから自分の時間といえば、子供が寝てからしかなく20時半から21時の間に寝かしつけてその後の2時間から2時間半はドラマを見たりネットをしたりと自分の時間を過ごしていました。
22時から2時まではゴールデンタイムタイムと言われ、この時間に睡眠をとっていると美容にいいということは知っていましたが、時間がずれようが7〜8時間の睡眠をしっかりとっていれば、そんなの関係ないだろうと思っていたのです。

 

子供が幼稚園に上がるようになり、お弁当作りや朝の準備などで今までより早起きする生活になりました。
今までのように夜更かししていては身体がもちませんし、子供が幼稚園に行っている間は家事さえ済ませれば自由な時間ができるので、思い切って子供と同じ21時に寝るようにしたのです。

 

すると、美容にも効果が出てきました。
吹き出物や肌荒れも減り、夜更かしで間食することもなくなったことで体重も減ったのです。
睡眠のゴールデンタイムというのは本当だったんだなと思いました。

もうすぐ4月です。4月になると、新社会人も新しく増え、通勤電車の中でも新しいスーツに身を包んだ人を多く見かけるようになります。
私は社会に出てもう10年近くになりますが、社会人の女性としての最低限の身だしなみが守れていない人が最近は多いように感じます。

 

私が思う最低限の身だしなみは「服のしわ」です。
もちろん、スーツなどで長時間座ったりしていると、パンツやスカート(特にスカート)は座りシワができたりしますが、たった1日のシワではなく、確実にアイロンを当てていないな、とわかる女性が多いような気がします。
もちろん、シャツやジャケットのシワも同じです。

 

どうしてもできてしまうシワは仕方ないと思いますが、クリーニングに出さないとしても、襟元や胸元など、しっかりピシっとした服を着ていることが、私は女性としての身だしなみだと思います。
営業などで、他社の人と顔を合わせる人は特に、会社の顔として会うわけですから、きっちりとした姿でいたいものですね。

 

簡単にできることですから、毎日帰宅したらスーツをしっかりハンガーなどにつり、シワがあればアイロンをかける・・・
シャツは洗濯後アイロンをかけるか、形状記憶のものにして洗濯後シワにならないように干す、など・・・
ちょっとした努力で、身だしなみのしっかりした女性・社会人になれると私は思います。